ローストビーフがダイエットに効果あるのか。

結論からお伝えするとダイエット効果があります。

 

ローストビーフはがダイエットに効果ある3つの理由

1つ目は低カロリーという点です。

ローストビーフは、同じ牛肉を使用する焼肉やステーキに比べて低カロリーです。

【カロリーの比較】 ※すべて100g当たり
ローストビーフ・・・約192kcal(※薄切りで約7~8枚)
焼き肉(カルビ)・・・約517kcal
焼き肉(ハラミ)・・・約344kcal
ステーキ(サーロイン)・・・約498kcal

 

単純けいさんですがローストビーフと焼き肉のカルビで比較すると

ローストビーフのほうが2.6倍低カロリーです。

 

ただ、バターやマヨネーズなどこってりソースをかけることでカロリーが高くなります。

ポン酢しょうゆや大根おろしソース、西洋わさびなどさっぱりとしたソースでいただくとカロリーを抑えることができます。

あと卵なんかもいいですね^^

 

2つ目はタンパク質が豊富
牛肉(もも肉赤身)のタンパク質は100gで21.9g。

実は、タンパク質が多いイメージの鶏ササミ肉や豚ヒレ肉に比べて多く含まれています。

タンパク質は体を作るもととなる成分なのでしっかり摂りたい栄養素です。

ダイエットを意識している方は、自身の体重×1~1.5gのタンパク質(g)を1日で摂るように意識していきましょう。

タンパク質を適度に摂ることでお腹も満足するので食べ過ぎ防止にもつながります。

 

3つ目は鉄分が豊富
牛肉には鉄が多く含まれています。

ダイエット中は、食事制限により鉄分が不足しがちです。

鉄が不足すると貧血の原因や疲れやすくなったり、肌荒れの原因にもなります。

ローストビーフに含まれる動物性のヘム鉄は吸収率がよいので、効率よく体内で働いてくれます。

さらにビタミンCを多く含む野菜と一緒に摂るとより吸収が高まるので、

ビタミンCを多く含むレモンのソースや付け合わせのブロッコリーなどと一緒にいただきましょう。

 

ネットでローストビーフが買える!

インターネットで美味しいローストビーフが欲しい人はチェックしてみてください。

ネットでローストビーフが買える!

絶品の【熊野牛】赤身ローストビーフ 250g
熊野牛のモモ肉の柔らかい部位(ランプ・内モモ)を使用しました、MeatFactory特性のローストビーフです。原材料は、熊野牛のモモ肉に食塩・塩麹・香辛料だけという至ってシンプル。調味料にはアミノ酸を使用せずに、素材の持ち味である和牛肉の旨味を優先した味付けにこだわって仕上げました。

 

 

コスパの良いローストビーフ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事