30代になるとなかなか体重が落ちづらい今日このごろ。

ダイエットに効果的な食べ物を4つご紹介します。

 

納豆で「代謝をアップ!」

納豆には、ふたつの成分がダイエットをサポートする効果を発揮します。

1つ目は、「ナットウキナーゼ」

納豆の粘りには「ナットウキナーゼ」という成分が含まれています。
これは、タンパク質分解酵素で、血栓の素であるタンパク質を溶かして、血液の流れをスムーズに保つ働きがあります。
血液の循環がスムーズにしてくれて代謝が高まりダイエット効果が期待できます。

2つ目は「納豆菌」
納豆菌は、腸までに善玉菌を増やす働きを促して腸内環境を改善する効果が期待できます。

そして、納豆には「大豆イソフラボン」が含まれており、こちらを摂取すると健康・美容上良い効果が期待できます。

 

もち麦

β-グルカン
胃腸の中にある糖を包み込む働きがある

バクテロイデス菌が増える
バクテロイデス菌には短鎖脂肪酸という物質を生み出し、脂肪を燃焼してくれる

不溶性食物繊維

もち麦には、不溶性食物繊維がふくまれており、この不溶性食物繊維は、
水などに溶けにくいため腸を刺激しやすく便秘の解消に効果が期待できます。

 

きゅうり

きゅうりには「ホスホリパーゼ」が豊富にふくまれています。

「ホスホリパーゼ」とは、
・体内の老廃物や毒素を排出し、体の脂肪を燃やす&代謝を高める
・食事で取った脂肪を分解して、体外に排出する
・脂肪分解酵素を豊富に含まれている

なのでできれば多く摂取しましょう!

 

トマト

リコピン

トマトの赤い色素の成分であるリコピンには血流を良くしてくれる働きがあります。

代謝がアップして体内にある糖質や脂質がエネルギーに変換されやすくなります。

 

ペクチン

ペクチンは水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性食物繊維は、体にとって不要なものをネバネバで包み込んで体の外に排出してくれる働きがあるため便秘解消にオススメ

じゃがいも

ポテトプロテイン

ポテトプロテインは、血糖値を下げて脂肪の吸収を抑える効果があります。

さらに、脳の満腹中枢を刺激して脳へ信号を送り満腹感と安心感をつたえてくれます。

 

じゃがいもは意外と知られていませんが、

白米をたくさん食べるならじゃがいもを沢山取ることをオススメします。

それはカロリーを視るとわかるんです。

 

じゃがいもは、100gあたり84g

白米は、100gあたり168g

 

実は、白米と比べるとめちゃくちゃ低カロリーなんです。

 

まとめ

私は、基本的にどこかにこれらの食材を入れてたべていました。

食べる量を減らすのはきついので、太りにくい成分を摂取することで理想の体型にちかづけました。

ビタミンB1やB2は、糖質や脂質を効率よくエネルギーに変えてくれるため太りにくく痩せやすい体つくりとして役立ちます。

ぜひ、あなたも痩せるために低カロリーで太りにくい食べ物でダイエットしてみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事