悩む人
素敵な恋人を作るために体作りしたい!もっと楽して痩せたいけどデブ菌・やせ菌って一体なんだろう?!

 

「やせ菌」は太りにくい体質になりやすい菌「バクテロイデス門」のことで

「デブ菌」は栄養をとにかく過剰に吸収してしまう菌「ファーミキューテス門」です。

 

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに大別されます。

善玉菌や悪玉菌に比べ、注目度の低い日和見菌ですが、じつは腸内細菌の最大勢力。腸内細菌のバランスには個人差がありますが、だいたい善玉菌1~2割、悪玉菌1割で、残りの約7割を日和見菌が占めています。

ちなみに理想的な菌の割合は

善玉菌:2

悪玉菌:1

日和見菌:7

です。

「善玉菌」が増えると、「ヤセ菌」が増え、「悪玉菌」が増えると、「デブ菌」が増える

 

 

やせ菌とは

やせ菌は、体にエネルギーをためこまない物質をつくることが得意な菌「バクテロイデス門」のことです。

 

バクテロイデス門の細菌が食べ物を分解すると「短鎖脂肪酸」が作り出されます。

短鎖脂肪酸とは脂肪酸の一種で、腸内細菌がオリゴ糖や水溶性植物繊維を発酵することでつくられます。

「短鎖脂肪酸」が腸から吸収されて血液を通じて全身に届けられ殺菌・静菌・バリア機能があります。

この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みが止まり、肥満を防いでくれるという仕組みとなっています。

 

 

「バクテロイデス門」を増やす方法

やせ菌である「バクテロイデス門」は、「食物繊維を多く含む食材」「発酵食品」「オリゴ糖・糖アルコールを多く含む食材」を取り入れると良いと言われています。

食物繊維を多く含む食材には、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は、文字どおり水に溶けやすく、腸内でゲル状になって腸壁を覆います。

このゲル状の水溶性食物繊維がバリアとなって腸での吸収を抑え、余分な脂質や糖質をからめとり、体外に排出してくれます。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸って膨張し、満腹感を与えます。また、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促し、便秘を解消する効果も発揮します。
つまり、食物繊維を豊富に摂取すれば、ダイエットに役立つだけでなく、便秘を解消して腸内をきれいに掃除してくれるのです。

 

「発酵食品」と「オリゴ糖・糖アルコールを多く含む食材」には、乳酸菌が多く含まれており、糖をエサにして有機酸をつくり出します。

すると、腸内が弱酸性に傾き、アルカリ性の性質を持つ悪玉菌は棲みにくくなるので、善玉菌優位となり、腸内環境が整いやすくなるのです。

 

 

「短鎖脂肪酸」を増やすにには?

短鎖脂肪酸を増やすには善玉菌が必要となります。

善玉菌のほとんどがビフィズス菌だと言われています。

ビフィズス菌の「えさ」となる「食物繊維(水溶性植物繊維)」や「乳酸菌」や「オリゴ糖」を積極的に摂っていくことが大事です。

食物繊維を多く含むおすすめ食品とは
第1位 エシャレット
第2位 納豆
第3位 きのこ類
第4位 海藻類
第5位 アボカド
乳酸菌を多く含むおすすめ食品とは
第1位 ヨーグルト
第2位 納豆
第3位 チーズ
第4位 キムチ
オリゴ糖を多く含むおすすめ食品とは
第1位 玉ねぎ
第2位 サトウキビ
第3位 きゃべつ
第4位 ごぼう
第5位 じゃがいも

 

デブ菌とは

「デブ菌」は栄養をとにかく過剰に吸収してしまう菌「ファーミキューテス門」です。

人間はもともと「デブ菌」が多い生き物です。

その理由は簡単です。昔は食料がない時代は、栄養を蓄えられる人が長く生きることができたからです。

なので、多くの人は、「ファーミキューテス門」のほうが多いと見ていいでしょう。

では、この「フィルミクテス門」をへらすにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは、やせ菌の「バクテロイデス門」をふやせばデブ菌は減っていきます。

なので「バクテロイデス門」をふやせるよう行動したら自然に減っていくのでそちらを取り組んでみて下さい。

 

「ファーミキューテス門」を増やす方法

逆に太りたいと思っている人は、「ファーミキューテス門」を増やす方法についてご紹介します。

それは、高脂肪・高糖分の食べ物な食べ物です。

具体的に言うと、油や糖がたっぷりな食べ物は要注意です。

油たっぷりといえば、ポテト!ポテトは悪魔的に美味しいですが、あればデブになる食べ物なのでとりすぎに注意してください。

またスナック菓子や甘~いスイーツ、砂糖たっぷりの栄養ドリンクもデブになりやすいのでご注意を!

 

まとめ~デブ菌・ 痩せ菌とは~

 

「やせ菌」は太りにくい体質になりやすい菌「バクテロイデス門」のことで

「デブ菌」は栄養をとにかく過剰に吸収してしまう菌「ファーミキューテス門」です。

 

「やせ菌」を増やすためには、「食物繊維」「乳酸菌」「オリゴ糖」を積極的に摂取すると効果が期待できます。

逆に「デブ菌」を増やしたいなら、「油」「糖」を沢山含んだ食べ物を沢山食べると太りやすくなるでしょう。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事